« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

第9回 雷電Tube第1回公開!!

どうも、坂本@雷電です。
(池田出張中のため、急遽代打を務めさせていただきます。)

前回告知したとおり、今回は……
映像企画モノ、その名も

雷電Tube『普通の女の子に雷電IVをやらせてみた』
をお送りします。

チャレンジしてくれたのは「七星(ななほ)」ちゃん。
雷電IVはまだやったことがないという七星ちゃんは果たしてどこまで到達できるのでしょうか?

「RAIDENTube_01.wmv」をダウンロード
撮影協力:新宿ゲーセン・ミカド

さて、ここで誰もが気になるプロフィールを聞いてみたぞ!

名前:七星(ななほ)
年齢:ひみつheart04
スリーサイズ:ひみつheart04
趣味:リラックマ集め
好きな男性のタイプ:シューティングがうまい人heart04
座右の銘:シューティングラブheart04

肝心なことは全然わからないうえに、
後半に違和感を感じるけど、
そこはおとなしくスルーしましょう(笑)
女の子って不思議だね!(雷電DXの気合い数値ぐらい)

| | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

第8回 視聴曲配信と企画の予告

池田@雷電です!!

同梱サントラCDの<Remix>に関する
視聴曲(MP3)を公開致しました。

<Remix視聴曲配信>
「21_gallantry_daisuke_nagata_demo.mp3」をダウンロード
「22_tragedy_flamekou_hayashi_demo.mp3」をダウンロード
「23_flap_toward_the_hopewasi303_demo.mp3」をダウンロード
「24_conflictinh_demo.mp3」をダウンロード
「25_lightning_strikesshinji_hosoe_demo.mp3」をダウンロード
「26_fairyayako_saso_demo.mp3」をダウンロード
「27_brightness_of_peacego_sato_demo.mp3」をダウンロード

視聴曲サンプルは右クリック
→対象をファイルに保存した後にご視聴下さい。

なお、同梱サントラCDのPVはこちら

「raiden07_sample01.wmv」をダウンロード

以下ウンチク

<Remixコンポーザー紹介>※順不同敬称略
■永田大祐■ 担当:GALLANTRY -Daisuke Nagata-
マイルストーン社製シューティングゲームの
プランナー兼ディレクター兼サウンド担当者。
「カオスフィールド」「ラジルギ」「カラス」
「イルマティックエンベロープ」などを担当。
ヒップホップをフェイバリットとする、
鬼才クリエイター。k.h.d.n.というユニット名でも活躍中。
なお、かつてセイブ開発に入社希望だったという噂も。

■林康■ 担当:Tragedy flame-Kou Hayashi-
マイルストーンサウンド部部長兼、k.h.d.n.メンバー。
北海道のクラブシーンで活躍後、
ゲームミュージックコンポーザーに転身。
コンパイル在籍時代から「ザナック×ザナック」
「ぷよぷよ~ん」など素晴らしい楽曲を輩出し現在に至る。
生涯エンターティナーと心に誓った氏の
「佐藤豪さんリスペクトRemix」は必聴!!

■WASi303■ 担当:Flap toward the hope-WASi303-
株式会社サクセス サウンド課課長兼、Xbox360ソフト
「ライデンファイターズエイシズ」プロデューサー。
代表曲は「サイヴァリアシリーズ」「ザンファイン」
「シューティング技能検定-AC版-」など。
ゲームミュージックが作りたくてこの業界に飛び込んだ
氏のサウンドはいつも、「革新性」と「古きよき伝統」が
同居した魅力的なものばかり。音色作りの独自性も素晴らしい!!

■細江慎治■ 担当:Lightning strikes-Shinji Hosoe-
スーパースィープ代表取締役。
知らない人のためにあらためて(凄すぎる)代表曲を一部列挙、
「ドラゴンスピリット」「アサルト」「オーダイン」
「ダートフォックス」「メタルホーク」
「ドラゴンセイバー」「スターブレード」「ゼビウス3D/G」
「リッジジレーサーシリーズ」「F/A」
「アンダーディフィート」「鋳薔薇」など、
ゲームミュージック界の礎を築き、ゲームファンを
いつの時代も喜ばせてくれる偉大なお方!!

■佐宗綾子■ 担当:Fairy-Ayako Saso-
スーパースィープの代表コンポーザー。
ナムコ在籍時から「倉庫番DX」「ローリングサンダー2」
「ギャラクシアン3」「サイバーサイクルズ」
「リッジレーサーシリーズ」などのBGMで好評を博し現在に至る。
テクノからJAZZまで幅広い、音楽性でユーザーだけでなく、
沢山のクリエイターに影響を与え続けている!!

■佐藤豪■ 担当:Brightness of peace-Go Sato-
元セイブ開発、通称「日本のゲームミュージック界最後の良心」、
ご存知、雷電IVのメインコンポーザー。
音楽的フェイバリットは細江氏と佐宗氏の楽曲と
公言していることより今回の競演で氏の夢が形となったわけです。
ほぼ全ての「雷電シリーズ」及び「ライデンファイターズ1&2」
「バイパーフェイズワン」の楽曲を手掛け、現在も各方面で大活躍中!!今後の活動でもビックなサプライズがある!? 待て情報解禁!!

<予告>

・・・突然ですが次回更新時、映像の企画(全3回予定)をやりたいと思います。

題して

Nanaho01

「普通の女の子に雷電IVをやらせてみた」

です!! どうかお楽しみに!!

| | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

第7回 同梱サントラCD続報です。

Raiden07_pd011

池田@雷電です。

標題の件、続報です。先日、同梱サウンドトラック用の音源が全て出揃い、収録曲目が確定致しました。

雷電IV OST -Ultimate of Raiden-

<Arcade>
01 Shoot like lightning(DEMO)
02 Coin
03 Carve your name(SELECT&NAME)
04 A stormy front(LEVEL1)
05 Metal storm(BOSS1)
06 Mission accomplishment(LEVEL CLEAR)
07 Can't retrace(LEVEL2)
08 Flap toward the hope(LEVEL3)
09 Tragedy flame(LEVEL4)
10 Advantageous development(LEVEL5)
11 Repeated tragedy(LEVEL5 EX)
12 Go to Blazes! GS(BOSS2)
13 Brightness of peace(ENDING)
14 Preparations(CONTINUE)
15 GAME OVER for Raiden(GAME OVER)

<Xbox360>
16 Watch a Blazes?(MENU)
17 Omen of stormy(RANKING)
18 Enumeration(GALLERY)
19 All or nothing(LEVEL5)
20 Depression(LEVEL6)

<Remix>
21 GALLANTRY -Daisuke Nagata-
22 Tragedy flame-Kou Hayashi-
23 Flap toward the hope-WASi303-
24 Conflict-INH-
25 Lightning strikes-Shinji Hosoe-
26 Fairy-Ayako Saso-
27 Brightness of peace-Go Sato-

全27曲、収録時間約70分でお送りいたします。

本編同様、同梱サントラCDもどうかお楽しみに!!

以下、ウンチク

雷電IVの楽曲は過去作品「雷電/雷電II」のリメイク楽曲が採用されています。 どの曲がリメイクなのかを以下に列記!!

<Arcade>
05 Metal storm(BOSS1)
→雷電II ボス曲

08 Flap toward the hope(LEVEL3)
→雷電II 7面BGM

09 Tragedy flame(LEVEL4)
→雷電II 2面BGM

11 Repeated tragedy(LEVEL5 EX)
→雷電II 1面BGM

12 Go to Blazes! GS(BOSS2)
→雷電 ボス曲

15 GAME OVER for Raiden(GAME OVER)
→雷電 ネームエントリー曲のフレーズ

なお、Xbox360版の追加ステージ曲、

19 All or nothing(LEVEL5)

20 Depression(LEVEL6)

上記も素晴らしい内容になっているとのことです。
「リメイクか!? はたまた新曲か!?」
発売日まで、どうかお楽しみに。

なお次回更新時に以前ご紹介したPVには収録されていない、
WASi303さんと佐藤豪さんの担当した
Remixの視聴曲をUPする予定です。

次回もよろしくお願い致します!!

| | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

第6回 SEGA商談会レポート(大阪編)

池田@雷電です! 本日も業者様向けに行われた、SEGA主催「新作ソフト商談会」の模様をご紹介します!!

今回の開催場所は大阪の「グランキューブ大阪」(絨毯がふかふかです)。
ここでも前回同様「Xbox360版雷電IV」の試遊台が設置されました。

Nec_0901

「雷電」シリーズっていえば、かつて家庭用でリリースされたものを全部(各機種)あわせると100万本以上流通した大ヒットシューティングですから、期待を寄せてくれる業者さんも多いみたいです(やったね)。

Nec_0902_2

・・・ん? ちょっと待て!!? こ、この試遊台に写っている画面は!?
もうちょっとアップで!!!

※下の写真をクリックしてみてね

Nec_0900_3

・・・詳細は調整中のため現段階では何も言えませんが、これは紛れも無く、皆さんが1番気になる『Xbox360版新要素』に関する画面ですね。
どうか近日公開される新着情報にご期待下さい!!

以下おまけ、

Nec_0903_2

なんじゃこりゃ?「絨毯がふかふか」だからですかね(笑)
以上今回のレポートはここまで。

次回更新をお楽しみに!!

| | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

第5回 SEGA商談会レポート

池田@雷電です! 本日は、昨日、秋葉原UDXで業者様向けに行われた、SEGA主催「新作ソフト商談会」の模様をUPします!!

当然「Xbox360版雷電IV」も堂々出展!!
試遊台セッティング中の模様です。

Nec_0890_2

Nec_0893 

Nec_0896

無事、試遊台セッティング完了!!
現時点で確認できる要素としては、
・追加ステージの実装
・追加×○▲の実装(公式発表をしばし待たれよ!!)
・難易度セレクトや壁紙変更などの各種ゲームオプション実装
・表示アスベクト比などの細やかな画面調整機能の実装

など、かなり完成品に近いバージョンで遊ぶ事ができました。
また、Xbox360はTYPE-X(アーケード版で採用された基板)よりも解像度が上なので、当然グラフィックはアーケード版以上の美麗さ!!
これは発売日(9月11日)が今から楽しみですね。

Image_2 

会場にはやがて、沢山の業者関係者の皆様が・・・折角なので

「仕入れて損無し!! シューティングゲーム最高でっせ!!!」と心の中で叫んでおきました。

以下おまけ。

Image_1

Image_2_2

上記、Xbox360雷電IVの公式(?)ライバルソフトたちも出展されてました。
「サンダーフォースVI」「ファンタジーゾーンコンプリートコレクション」ともに素晴らしい出来栄え。

レポートは以上です。 なお今週の土曜日に当ブログ用に簡単な攻略情報的な動画コンテンツの撮影をしてきます。 今後も当ブログをよろしくお願い致します!

| | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

第4回 駒澤社長に聞く!その1

池田@雷電です!

先週の木曜日にMOSSさんに取材にいってきました!
題して、雷電IV開発プロデューサー『駒澤社長に聞く!』
その1のお題は「アーケード版雷電IV」についてです。
以下ご確認ください!!

※本当は金曜日にUPする予定でしたが
諸々で遅くなってしまいました、ごめんないさい!!

<駒澤社長に聞く! その1:アーケード版雷電IVについて >

Raiden04ac_2

Q:雷電IV製作基本コンセプト、並びに前作雷電IIIと比較しどのような点を差別化したかったかを教えてください。

A:
雷電IIIのコンセプトはズバリ「雷電復活」です。 そのためのシステム作りも行いました。
雷電IVはIIIのシステムを継承しつつ、雷電の世界観をより深く楽しんでもらうことがコンセプトです。


Mic_2

Q:雷電DX以来となる「難易度セレクト」実装、並びに「レーダー」「ミクラス」といった懐かしい要素の復活についてはどのような意図や背景がありましたか?

A:
「難易度セレクト」は、より広い層のプレイヤーに楽しんで欲しいと思い実装しました。
雷電DXにあったコースセレクトのオマージュでもあります。
レーダーやミクラスは、得点アイテムを見つける「遊びの要素」であるとともに、雷電の世界に浸ってもらうためのギミックとして採用しました。



Q: 「スタート時の紫武器セレクト」 「ショットボタンを放すとP-UPアイテムの武器変化が固定」 「サブウェポンの溜め撃ち」など、従来の雷電には無かった新機軸の実装についての採用意図を教えてください。

A:
<スタート時の紫武器セレクトについて>
雷電IVでは、従来のバルカン&青レーザーに加え、IIIに登場したプロトンレーザー(改良型)、更にIIに登場したプラズマレーザーが加わりました。
結果、メインショットは4種からの選択となりますが、伝統のアイテム放置時間によるショット切り替えにこれら4種を組み込むと、どう調整してもゲームとしてかけ引きのバランスが取れませんでした。 結果、ロケテストでのプレイヤー意見なども踏まえてスタート時にプロトンレーザーとプラズマレーザーを選択する方法をとりました。

<P-UPアイテム固定操作について>
従来雷電ではプレイヤーが欲しいショットを選ぶ際、そのターンが回って来るまで「待つしかない」というものでした。
但し、メインショットの選択肢が3つになった都合により「待つしかない」というゲームバランスがストレス方向に傾いたため、対応策として実装しました。

<サブウェポンの溜め撃ちについて>
IIIからAボタン(ショットボタン)をオート連射とした都合、どうしてもゲーム中Aボタンは単に押し続けるのみ・・になっていましたが、そこに「放す」という動作を加えて感覚としての強弱を付けました。



Q:アーケード版雷電IVは以前の雷電シリーズと比較すると「全5ステージ×2」と比較的、コンパクトな構成になっていますがこれらは昨今のアーケードSTGの流れに沿って実装されたのでしょうか?

A:
ゲーム攻略まで、より長く楽しんで欲しいという理由から「全5ステージ×2+最終ステージ」という構成をとりました。
開発中のXbox 360版では新ステージが加わり、ある意味「完全版の雷電IV」になっています。ご期待ください!



Q:スコアシステムの要、フラッシュショットの倍率がIIIやロケテスト版では2倍までだったのに対し、製品版では5倍に変更になりました。こちらの変更意図は?

A:
アーケード版ロケテストの結果として様々なご意見を頂戴しました。 そのご意見を踏まえた上での対応の1つです。
1倍~MAX2倍よりも1倍~MAX**倍のほうが得点の幅も広がり、達成感も大きい。 但し無用な得点インフレは実感の希薄が起るので出来るだけ避けたい。
それらを検討した結果、5倍に落ち着きました。

Raiden4__2

Q:ボスキャラクターはもちろん雑魚敵キャラのグラフィックも(一見前作IIIをベースとしながら)全部ソリッドな感じにリニューアルされていますよね?開発期間が長めになったのは、これが理由でしょうか?

A:
IVは3D表現ではありますが、元祖雷電の世界観をより一層官能できる様、自機をはじめほとんどのキャラクターは新たに描き直しているか、改良を行っています。
アーケード版の開発期間が長かったのはそれらの要因は勿論のこと、納得がいくまでのロケテストを行ったことによるものです。

Replay_0_2

Q:道中(3面の橋や4面の遺跡砲台)での自機のホバリング変形やオープニング発進シーンがシームレスになっていたりと、隋所で確認できる渋い演出は、駒澤社長のアイデアなんでしょうか?

A:
演出については様々な企画案から採用されたもの、されなかったもの、いろいろありました。
発進シーンについては、画面切り替えだったIIIに対して「是非ともシームレスに」という意見が開発内部でも非常に多く、IVを開発する時点で必須のミッションとなっていました。
3面の橋や4面の遺跡での演出は、3Dならではのステージ演出を考える中で浮かんできたアイデアです。
スクロールが停止するような場所でのホバリングは初代雷電からの演出手法であり、それを引き継いでいます。



Q:昨今のアーケードシューティングの事情を考えた場合、バランス調整などには本当に苦労があったかと思いますが、アーケード版雷電IVを最後に振り返ってみて如何でしたでしょうか?
またMOSSさんにフィードバックされたユーザーさまの反響などがあれば教えてください。

A:
ロケテストを通じて本当に沢山のご意見を頂き感謝すると共に、私達も限界までご意見に応えさせていただいた。 
雷電IVの開発を通じて、開発サイドもプレイヤーも、更なる快感を求め、そして熱い。・・と、改めて実感しました。
初のコンシューマ移植版を発表できたのも、みなさまのご意見や反響を頂けたからこそです。
是非とも、Xbox 360版「雷電IV」にご期待ください。

今回の取材は以上となります。
今後も情報が公開されるたびに取材しますので、どうかお楽しみに!!

なお、MOSSさんへの『Xbox360雷電IV』に関するご意見ご要望はこちらまでどうぞ!! 責任持ってMOSSさんにお届けいたしますね。

| | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

第3回 サントラのPVを公開!!

池田@雷電です。今回は第2回でお知らせいたしました、購入特典サントラCDのプロモ映像が出来上がりましたので公開させていただきます。

■雷電IV -Ultimate of Raiden- プロモーション動画■

Raiden07_pd011

PVのダウンロードはこちら

※サンプル動画をご覧になる為にはWindows Media Playerが必要です。
なお、サンプル動画は右クリック→対象をファイルに保存した後に
ご鑑賞下さい。

なお、今週当ブログは開発追い込み真っ最中のMOSSさんに取材をしてきます。
次回の更新(11日 金曜日を予定)を是非是非お楽しみに!! 

| | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

第2回 雷電IV同梱サントラCD

こんにちは、 池田@雷電です!

第2回目は「雷電IV」購入特典CD(製作INH)について情報を纏めました!

なお今回ソフトに同梱されるサウンドトラックは、もともとは2007年末からINHが商品化を企画させて頂いた案件で、版権元のMOSSさんと内容や発売時期を協議した結果、「360版に同梱しよう!」という流れになりました。

結果的にアレンジトラックにてメーカーの枠を越えた豪華コンポーザーの競演実現、ならびにより多くの皆様に「雷電サウンド」の素晴らしい世界を聴いていただける絶好の機会になったかと思います。本編ともども

同梱サントラCD「OOPARTS CD 雷電IV -Ultimate of Raiden- 」

に、どうかご期待下さい!

<詳細>
-------------------------------------------------
Xbox360版『雷電IV』の同梱購入特典として、熱望されていた『雷電IV』のサントラ化がついに実現!! オリジナル版全曲に加え、アレンジトラックでは「佐藤豪」とゲームミュージック界のレジェンド「スーパースィープ」、新鋭「k.h.d.n.」、「WASi303」が奇跡の競演!! 全シューティングファンに捧ぐ、究極の雷電サウンドCDが遂に登場!!
-------------------------------------------------

■収録内容 (CD×1 全25~26曲を予定 収録時間は未定)
●その1<Arcade楽曲>
アーケード版「雷電IV」のオリジナル音源を全曲収録!!
メインコンポーザーは勿論、佐藤豪さん!!
01 Shoot like lightning(DEMO)
02 Coin
03 Carve your name(SELECT&NAME)
04 A stormy front(LEVEL1)
05 Metal storm(BOSS1)
06 Mission accomplishment(LEVEL CLEAR)
07 Can't retrace(LEVEL2)
08 Flap toward the hope(LEVEL3)
09 Tragedy flame(LEVEL4)
10 Advantageous development(LEVEL5)★
11 Repeated tragedy(LEVEL5 EX)
12 Go to Blazes! GS(BOSS2)
13 Brightness of peace(ENDING)
14 Preparations(CONTINUE)
15 GAME OVER for Raiden(GAME OVER)

★=作曲:武満裕司さん

●その2<Xbox360追加楽曲>
Xbox360版で追加になった新曲(曲数未定)を収録予定!!

●その3<Remix楽曲>
過去の各「雷電」シリーズより人気のある楽曲をチョイスし、新アレンジバージョンを収録!!

~RAIDENより~
  GALLANTRY -Daisuke Nagata-

~RAIDEN2より~
  Tragedy flame-Kou Hayashi-
  Flap toward the hope-WASi303-

~RAIDEN DXより~
  Conflict-INH-
※こちらの楽曲は360版の追加曲が増えればカット(未収録)になる予定です。
「THE ACES HIGH 雷電 セガダイレクト購入特典CD」より再収録音源です。

~RAIDEN3より~
  Lightning strikes-Shinji Hosoe-
  Fairy-Ayako Saso-

~RAIDEN4より~
  Brightness of peace-Go Sato-

■Remix 参加コンポーザー
・細江慎治(スーパースィープ)

・佐宗綾子(スーパースィープ)

・佐藤豪(Exセイブ開発)

・林康(マイルストーン k.h.d.n.)

・永田大祐(マイルストーンk.h.d.n.)

・WASi303(サクセス)
※WASi303さん見てますか?今回はご協力ありがとうございました!

※敬称略順不同
※同梱CDの仕様は予告なく変更されることがあります、予めご了承ください。

なお、同梱サントラの視聴曲が現在発売中のゲーマガ8月号付録DVDに収録!いち早く、サントラ音源をチェックしたい方は今すぐ書店へダッシュ! こちらも是非よろしくお願い致します。

なお、今後当ブログにて、各コンポーザー様のインタビュー記事なんぞを掲載したいと思います。
こうご期待!

あ、しつこいようですが繰り返します、

当サントラCDはソフト同梱です! (ソフトを購入すれば必ず付いてきます!)

0139_sample1_5

※こちらは同梱サントラCD(レーベルデザイン)のイメージ画像です。

 

 

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »