« 第96回 雷電スーパープレイヤー列伝 その2 | トップページ | 第98回 雷電スーパープレイヤー列伝 その3 »

2009年4月 8日 (水)

第97回 「シューティングゲーム攻略軍団参上!」番組収録直前インタビュー

ども、池田@雷電です。

本日は、5月放送予定のCSTV番組 「シューティングゲーム攻略軍団参上!」 (放送第1回目)にて業務用版「雷電IV」のプレイを担当する、ダブルプレイヤー「服部さん」に番組収録直前取材をしました。以下に緊急公開!

W_play

INH:番組収録でプレイするのは、オリジナルモードになりそうですか?それともライトモード?

服部:今回はライトモードを収録する予定です。オリジナルモードだと収録時間が短すぎて良い映像にならない可能性が高いので・・・その代わりライトモードの「自己ベストスコア(つまり全1スコア)」を更新するつもりで挑みます。

INH:番組収録する「雷電IVダブルプレイ」の見所を教えてください。

服部:スコア以外だと「3面ボス撃破パターン」です。視聴者の皆さんを「あっ!」と驚かせたいです。あとは、既出ですが「2ボス撃破パターン」。マニアックな視聴者の皆さんには「道中の細かい稼ぎ」に是非とも注目して頂ければ(笑)。

INH:「シューティングゲーム攻略軍団参上!」は公開収録ということですが、服部さんって、過去に何度もTV番組に出演してゲームをプレイする機会が多かったせいか、こういった一発勝負的シチュエーションでもあんまり緊張とかしないようなイメージがあるんですけど、実際のところどうでしょう?

服部:14歳のときに「公式ぷよ通大会」に出場したのですが、そのときは2万人の大観衆の前でプレイをしたんです。それ以来、人前でプレイしてもあまり緊張しなくなりましたね。あ、緊張といえば、業務用「雷電IV」の「ダブルプレイ開始コマンド入力」がシビア(コマンド入力を失敗してしまうと通常のソロプレイが始まってしまう)なので、プレイよりもそっちが心配だったりします(笑)

INH:そもそもダブルプレイを始めたきっかけを教えてください。

服部:幼少時代、当時流行ったファミコンで「デビルワールド」「マリオブラザーズ」「コナミワイワイワールド」辺りのタイトルをよく友人たちと2人同時プレイで遊んでたのですが、自分よりゲームが上手な友人が少なくて、ゲームがうまくいかないと「相手がもう少し上手ならなぁ」とか思ってて、しまいには「自分が1人で同時に操作したほうが上手なんじゃないか?」と考えはじめたのを切っ掛けに同時操作をはじめて、現在に至ると(笑)

INH:服部さんは「シューティングゲーム全1ダブルプレイヤー」、そして「ぷよぷよ通 対戦最強プレイヤー」の2つの顔で有名ですが、服部さんのなかで、異なるジャンルのゲームをプレイする際に意識の違いなどはありますか?

服部:「シューティングゲーム」と「ぷよぷよ通対戦」を比較した場合、まず共通点は画面全体を見渡し、注意をはらうという点、そして相違点は、相手が「CPU」か「対人」か・・・つまり「ランダム要素が多いか、少ないか」と捉えることができると思います。僕の場合、「対人戦」でも「ランダム要素」をどこまで理論的に少なく(パターン化)できるか?というテーマで攻略をしているので「シューティングのパターン構築」と「対戦攻略」どちらに挑むにせよ意識の違いはないといえます。とはいえ、それぞれの過程には違った面白さがあるのも事実ですので、今後も両立してプレイしていきたいです。あ!あと、良く勘違いされますが「ぷよぷよ通」に関しては普通に「片手」で遊んでますよ(笑)

INH:服部さんのダブルプレイのパターンって、あえて「難しい」とか「見た目が美しい」というような・・・いうなれば「芸術点」を意識して構築されているように見えるのですが、その辺、如何ですか?

服部:「見た目が格好良く、かつ、スコアも高い」という目的でパターンを構築しているのは事実です。これは、基本的に自己満足の世界ですので、他の人が僕のプレイを見てどう思うかは、あんまり関係ないんです・・・でも、自分のパターンを見てくれた人から「格好良い!」とか「凄い!」とか、喜んでもらえた時は素直に嬉しいです。

INH:今までプレイしたシューティングゲームで、ダブルプレイ難度が高いタイトルは?

服部:「ギガウィング2」です。ゲーム内容もそうですが、処理落ちとか・・・安定しない要素が多く、プレイ中に予想外のことが頻繁に起こるため、とにかく難しかったです。

INH:では、今回番組収録する「雷電IV」のダブルプレイ難度はどうでしょうか?

服部:スコアプレイの主軸が「溜め撃ちホーミング稼ぎ」となるので、ハイスコアを狙うだけであれば、パターン構築は比較的、簡単な部類となります・・・だからこそ「雷電IV」に関しては「芸術点」に力を入れてパターンを構築しているので、結果的に難度はかなり高いです(笑)

INH:では最後にゲーマー初心者にダブルプレイの秘訣を!

服部:「シューティングゲーム攻略軍団参上!」番組内で、ダブルプレイに関する基礎的な情報をきちんと説明するので詳しくは番組放送を見ていただけたらと思います。こうご期待!という感じで(笑) 放送を楽しみにしていてください。

以上、服部さんありがとうございました! なお、CSTV番組「シューティングゲーム攻略軍団参上!」に関する、更に詳しい情報は番組放送局である「モンド21」の公式サイト、または、番組をプロデュースしている「中野プロモーション」の「中野龍三プロゲーマーweb」をご覧下さい。どうか『シューティングゲーム攻略軍団参上!』にご期待下さい。

引き続き、当ブログを宜しくお願い致します!

|

« 第96回 雷電スーパープレイヤー列伝 その2 | トップページ | 第98回 雷電スーパープレイヤー列伝 その3 »

インタビュー記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517441/44591531

この記事へのトラックバック一覧です: 第97回 「シューティングゲーム攻略軍団参上!」番組収録直前インタビュー:

« 第96回 雷電スーパープレイヤー列伝 その2 | トップページ | 第98回 雷電スーパープレイヤー列伝 その3 »