« 第101回 雷電スーパープレイヤー列伝 その5 | トップページ | 第103回 雷電スーパープレイヤー列伝 その7 »

2009年5月20日 (水)

第102回 雷電スーパープレイヤー列伝 その6

ども、池田@雷電です。

約1ヵ月ほど更新が滞ってしまい、申し訳ございませんでした。「雷電シリーズ」凄腕プレイヤーさんにスポットをあてた取材記事・・・その名も「雷電スーパープレイヤー列伝 その6」をお送りします!今回登場していただくのは、「雷電攻略DVD」で「雷電DX練習コース」のプレイ映像を担当し、そのほか「雷電DX」に関する、攻略サイトなども運営なさっている、名古屋のミスター・雷電DX「NMT8.2i」さんです!

Nmt_image

●スコアネームを教えてください。

NMT8.2i

●主なスコア遍歴を教えてください(他ゲー含む)。

ティンクルスタースプライツ
ギャルズパニックS2
ギャルズパニックS3
ウォーオブエアロ
雷電DX(練習コース・面数優先)

●雷電シリーズとの出会い。

当時、コナミのトライゴン、アイレムのエアデュエル、そして雷電(初代)がほぼ同時期に発売されたんですよね。ベーマガ誌に、この3作品を比較するような記事が載ったんですが、ゲーセンで実機を見たのとどっちが先か思い出せません。その中で自分にとっていちばん面白く感じたのが雷電でした。

●雷電をプレイしていたゲームセンター名を教えてください。

初代は、名古屋駅裏にあった「KING」でよくやってました。IIも主にKINGで。でも当時はどこにでも置いてありましたから、あちこちでやってました。DX発売のあたりから、連射装置を求めてイエローハット(ナムコ系の有名ハイスコア集計店)に行くようになって、そのうちにすぐそばのトンガ王国(今のGAME BOX. Q2)でやるようになったりして。

●雷電プレイ当時のエピソードなどがあれば教えてください。

初代を長い間ずっとKINGでやりこんでたお兄さん(スコアネームがXYZ)がいて、密かに応援してました。1000万点を目指してたはずだけど、そのうち見かけなくなって。けっきょく出せたのかなあ・・・。19年前の記憶。
家の近くのゲーセンでやってたら、後半面から小さい子供らがスゲースゲー言いながらたかってきて。困ったなーと・・・でも2周目に入ったら散っていって。寂しいなーと・・・
サラリーマンが2人同時プレイでえんえんコンティニューしてたりとか、そんな時代でした。

IIの8ボス、メストの攻略を信じて自爆待ちで粘ってました。

DXはいろいろありすぎて、もう・・・。ここから一気にゲーセン関係の知人が増えました。

連無しという穴部門ながら、初の全一が獲れて。全一スコアなんて自分はただ誌上で眺めるだけのものだと思ってたので、まさか自分がスコア出す側にまわるなんて夢にも思いませんでした。嬉しかったですね。
でも実は、最初に掲載されたスコアは、連付きで出したスコアが間違って連無し部門で投稿されてしまったというものでした。あらら。次号で訂正してもらった後、改めて更新しました。

ある日、岐阜県の有名スコア集計店「アイリン夢空間」で上級コースをやってた時のこと。9面出そうとしてノーミスノーボムで進めていたんですよ。で、7面クリアした後って宇宙の真っ暗な画面になりますけど、あの時ってギャラリーの状態がモニターによく映りこむんですよね~。ここでやっと、背後にいつも自分がギャラってる有名スコアラーさん達が大勢固まってて、じーっとこちらを見つめていることに気付いて・・・。あちらでは上級をやってる人が居なかったのか、まだ9面が見れてなかった時期だったと思われます。あれは死ぬほどびびりました。大変な事になったと。どうにかこうにか8ボスまで辿りついたんですが、例の発狂攻撃で死んじゃって・・・。凄い人達の期待に応えられなかった悔しさと恥ずかしさと情けなさでたまらんかったです。

DVDのプレイヤーまでやったり、いい思い出になりました。撮影時の苦労話そのものは付属ブックレットを見ていただくとして、あのブックレットの完成品を見たときは正直「だまされた」と思いましたね。あんなに長々と、しかも写真付きで苦労話を書いてるの、俺しかいねえ! これじゃ自分だけ独りで熱烈自己アピールしてるみたいじゃないですかっ。そうそう、後に当ブログで全2とか赤字で書かれて再び心に傷を負いました(笑)

●雷電シリーズの魅力を教えてください。

システムとしてはシンプルなんだけど、敵の配置が巧妙だったり、弾の撃ちかたが凝っていて、それが面白さに繋がっているんじゃないでしょうか。

昨今のいわゆる弾幕系のゲームと比べますと、自機狙いの弾が比較的に速く、また自機の当たり判定も大きいせいで、早め早めに避け始めていかないと当たってしまいます。これらのことにより、敵が本当に必死に自機を殺しに来てる、と錯覚させられてしまいます。敵弾の一発一発にこめられた殺意の濃さがあり、まるで自機に対する憎しみまでもが伝わってくるようで、そのせいでこっちも応じて必死になれる。そこが熱いんじゃないかと思います。 その辺は自分のサイトなどでも語ってますので良かったらどーぞ。

●初心者の皆さんへ雷電シリーズ上達のアドバイス(秘訣)を!

月並みですが「切り返し」ですかねえ。敵配置を覚えて、自機の移動パターンを作って、と。

以上、「NMT」さん、誠にありがとうございました!NMTさんが医者にかかるほどのプレッシャーのなか撮影された「雷電DX 練習コース スーパープレイ」は 「雷電攻略DVD」でバッチリ確認できます!(サンプル動画はこちら) 機会があれば是非チェックしてみてください。次回「雷電スーパープレイヤー列伝」をお楽しみに! 

引き続き当ブログを宜しくお願い致します。

|

« 第101回 雷電スーパープレイヤー列伝 その5 | トップページ | 第103回 雷電スーパープレイヤー列伝 その7 »

雷電スーパープレイヤー列伝」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517441/45069834

この記事へのトラックバック一覧です: 第102回 雷電スーパープレイヤー列伝 その6:

« 第101回 雷電スーパープレイヤー列伝 その5 | トップページ | 第103回 雷電スーパープレイヤー列伝 その7 »